イベントバルーン

お祭りなどのイベントで風船を使ってショーをしているピエロやお兄さんお姉さんをみたことはありませんか?細長い風船を使い、犬や象などの動物を作って子供たちにプレゼントしている光景を目にしたことがある方も多いと思います。
それがバルーンアートです。

バルーンアートはアメリカで誕生したアートで、アメリカの各ショッピングセンターには必ず売店があります。
歴史自体はまだまだ浅いですが、世界各国で行われているほど認知度が増加しており、世界大会も開催されるほどなのです。
ちなみに、日本国内では1990年ごろから活動が活発になり、95年には国内発のバルーンアート教室が開かれました。

バルーンアートで作る作品には、風船1つで作れる動物などの小さなものから、複数個の風船をつなげて作る巨大なものまで様々です。
また、最近の作品には、動物以外にもミッキーやプーさんなど世界的に有名なキャラクターや鉄砲などもあり、種類は多岐にわたります。
日々技術が磨かれており、進化しているのです。

私たち一般人からすると、「非常に難しそう」、「作るまでに膨大な時間がかかりそう」といったイメージを持ちがちですが、風船、ポンプ、ハサミ、マジック、ビニールテープのみで作ることができ、一般人でも簡単に作れることができます。
アーティストのように人前で作れるようになるには時間と練習が必要ですが、自宅や家族の前で作るぶんには手軽に作製できるのです。

そこで、バルーンアートの世界を少しだけ覗いてみましょう。
今回はバルーンアートの種類に着目してみます。




【Special Link】
バルーンを使った電報サービスを提供しているサイトです ―> バルーン 電報